2018年5月10日木曜日

素敵と糸島は近づくとどこかわからなくなるものです

エアリアルでディレクションしている木製家具ブランド、oriri-mfg.
明日から3日間、福岡県糸島市でちいさな展示会をしてきます。

熊本に帰ってきて10年以上になります。
懐かしい福岡の方々に見に来てください!なんてお招きしたりしたのですが
いつまでたってもワタクシはかっこ悪いままだなぁとも思うわけです。
それも含めて生きてるって感じですかね。 

はじめましての方も是非いらして。
人間らしい人間、ザ人間ディレクターによる人間のための木製家具です。

Knockin’ on Itoshima door 2018
サザンワークス
福岡県糸島市浦志2-5-2
5/11 13:00-17:00
5/12 10:00-17:00
5/13 10:00-17:00

2018年3月19日月曜日

キッチンハウス福岡ショールームへ

オーダーキッチンのメーカーキッチンハウスの福岡ショールームを見てきました。
7,8年前だったでしょうか。
「オーダーキッチンとは」というイベントをした時に無理くり協力をしていただいた覚えのあるキッチンハウスさん。
当時は熊本にも小さなショールームがあったのですが、今や九州にただ一つのショールームです。ピカピカです。



キッチンハウスさんといえば天板から面材までメラミン素材という独自路線?な感じで実績があります。
メラミンを表面に貼り付けてあるわけですが普通のメラミンの製品より耐久性があるということで、気になった事を質問してみました。
「接着剤は?」
それこそが企業努力で企業秘密なんだそうです。

収納には見えないところ仕事をしている高級そうな金物たち。
ブルム社との取引が古いことから、スライド蝶番にまでキッチンハウスの銘がはいっています。
ちなみに蝶番、建築的にはチョウバンと呼びますが日本語的にはチョウツガイです。
大切にしよう日本語。



2018年2月4日日曜日

一言でいうと浪漫


木育インストラクター講習3回目。これで卒業。
私の頭には木を使う良さや意義がいっぱい詰め込まれました。
とりあえずご褒美にスニッカーズをいただきました。

2018年1月25日木曜日

ヒトはインテリアの中に住んでいる

今年もインテリアプランナーニュースが届いていました。
熊本県のインテリアプランナーは去年の65名から4名増えて69名になっていたわ。

4人の方、おめでとう。いや、ありがとうと言いたいです。
が。
昨年の試験から全ての建築士が学科試験免除になったようです。
なんですか、建築士。偉そうに。
インテリアプランナーの減少を食い止める策なんでしょうけど
インテリアの勉強しないでプランナーになれるっての
ますます日本でインテリアが建築のオマケ化してしまうんじゃないかって
寂しい気がします。

2018年1月19日金曜日

そこに見えてきた赤いやつ

ワタクシの周囲には「今年還暦」という方が何人かいらっしゃって
知り合いが60才という自分の大人っぷりにちょっとびっくりしてます。
その中、仕事仲間の「去年還暦を迎えた女性」と「今年還暦を迎える女性」が次々と還暦を機にそれぞれ何かを変えるとかで職場を去っていきました。
振り返ればワタクシのママンが講師業の引退をしたのも還暦でした。
仕事を持った姿が幼いころからの見慣れた姿だったので残念には感じていましたが
その後ほどなくしてママンはMSAを発病したので。
なんだろ。
辞め時だったのかもと今は思います。
先輩たちの50代は、体の不調、親の介護、子供の独立などがあって、それらの葛藤がどれほど影響してきたかとか慎重に観察してきたつもりでしたがわからないことも沢山あるのでしょう。
賛同できるところは真似て、違うと思うところは変えたいと思っても
結局その場に立ったら同じことをしてしまうのかもしれないなどと
しばらくふにゃふにゃと考えをめぐらせていました。

とにかく生きてくことを味わおう。自分が燃えよう。
臭いものかもしれなくても蓋をあける勇気をたまには発揮しよう。
遠くに見えたきた還暦に狼狽しながら、そんな風に思っています。